「寝ても体の疲れがなかなか取れない。」先ずはしっかり体が休まる寝具かチェックしてみましょう!

こんにちは。

快眠館 副店長 田中言羽です。

みなさん、朝スッキリ起きれますか?

「肩が痛い」「腰が痛い」「頭が痛い」「寝た気がしない」「体がだるい」・・・

そんなことありませんか?

朝起きた時の不調のほとんどが寝具(マットレス・敷ふとん・枕)が体に合っていないことが多いです。

特に体を100%預けるマットレスが体の凹凸に合っていないことで不調が現れます。

仰向き姿勢 腰の下に手が入る隙間があるかチェック!

腰の下に隙間がある人は寝ている時も腰の周りの筋肉が体を支えていて、休まっていません。

仰向きで寝た時の腰は、内臓の重みで腰に負担がかかります。

腰をしっかり休ませてあげるには、腰の下の隙間が無く、下からしっかりと支えあげてくれることでやっと腰の筋肉が緩み腰を休ませてあげることができます。

横向き姿勢 肩や大腿部が痛くないかチェック!

横向きで寝るには肩や大腿部が潰されて痛く無いことがリラックスして眠るためには大切です。

肩や大腿部が痛い場合は、マットレスの硬すぎます。

疲れを取るためには、体が痛くないマットレスで寝ること!

体が痛くてはぐっすり質の良い深い睡眠になりにくいです。

深い睡眠に辿り着くことで、日中使った細胞を修復する働きの成長ホルモンがたくさん分泌されます。

たくさん分泌させるには、体が痛く無いマットレスで寝ることが先決です。

どんなマットレスがいいか?

出ている所(お尻・肩甲骨・かかと・肩・大腿部など)をマットレスに沈め、くびれている所(腰下・脇・膝裏)は隙間無く下から支えあげてくれるマットレスです。

人それぞれ体型が違います。

万人に合うマットレスは存在しません。

ましてやスポーツ選手が使っているから自分にも合うという物ではありません。

だって体が違うから。

どんなマットレスが良いのか快眠館では計測してデータを元に提案させていただいています。

長年、寝ても疲れが取れずに悩んでいる人、その原因がわかります。

相談だけでも承ります。

お気軽にご来店ください。

快眠館は一日5組限定で予約優先とさせていただいております。

お気軽にご予約ください。

↓↓↓

https://reserva.be/kaiminkan

Follow me!