こんにちは。

快眠館 副店長 田中ことはです。

息子が面白いことをやっています。

我が家には中1の男の子がいるのですが、この子の鉛筆がおもしろい。

小学校の時に鉛筆削りで削れなくなった鉛筆を6年間捨てずに取っておいたのを、キャップをはめ、さらにカッターで削って今使っています。

6年間で使った鉛筆、113本。
愛用の鉛筆キャップ。
キャップをはめた状態で削る

カッターで鉛筆削ってる子いるかなぁ。



短くてグラグラしてきたらテープを丸めて安定させる。


よく考えてます。

1㎝かな?
削るのもう無理!

小さい小さい鉛筆がまた少しずつ増えてる。

息子に「中学3年まで鉛筆買わなくていいかねぇ?」と母。

「そうだといいね。」だって。

こんなどうしようもないことをモクモクとやっている息子。

113本全部使った時になんて言うかな。

楽しみ。