こんにちは。

快眠館 副店長 田中ことはです。

先日、ボランティアの集まりで聞かれたのが、

「妊婦さんが横向きでラクに寝られる様にするにはどうしたらいい?」と。

妊婦さんはお腹が大きくなると赤ちゃんの重さが内臓や腰を圧迫するため仰向きで寝ることが辛くなります。

臨月に近くなるとさらに赤ちゃんが大きくなるため寝返りもしにくくなります。

体に不調がある時は、睡眠の質が悪くなり、ぐっすり眠れなくなる人もいます。

「妊婦さんだからしょうがない」のではなくて、体に不調がある人こそ、体に合った寝具で寝ることで、体にかかるストレスが減り、睡眠の質がよくなります。

お腹が大きくなり、寝返りがスムーズにできないと、同じ姿勢で寝る時間が長くなります。

圧力が同じ場所にかかると体へのストレスになり、睡眠を妨げます。

では、どうしたらいいか?

体の凹凸に合わせ、体全体を寝具が支える。

選ぶポイントは、

① 仰向きで寝たときに腰をしっかり支えてくれる。

②横向きで寝た時に肩が潰されにくい。

今使っている寝具がどうかチェックしてみてください。

横向きをラクに寝るには、枕の高さと、寝具の相性が大事。

もし気になる所があったらそこを改善してあげると気持ちよく寝られるよ。

横向き寝がラクになると、出産してからも助かります。

赤ちゃんが生まれたら隣で寝る人が多いと思います。

赤ちゃんのことが気になり横向きで寝ることが多くなるので、妊婦さんの時に横向き寝がラクな寝具環境にしておけば、ずっと快適に眠れます。

体力勝負の妊婦さんこそ、気持ちよく寝られるように寝具環境を整えるあげる必要があるのです!