「羽毛ふとんのお手入れってどうするの?」

そろそろ冬の羽毛ふとんだと暑くなってきましたね。

洋服を衣替えするように、寝具も季節に適したものに変えましょう。

その昔「羽毛ふとんは一生ものだから」との謳い文句で販売されてきた時もありました。

一生は大げさなのですが、上手に使えば長く使えることは確かです。

人は寝ている間にコップ一杯の汗をかきます。

その中には『塩分』をはじめ『垢(あか)』や『皮脂』などが含まれているので、ふとんは想像以上に汚れています。

汚れたままにしておくと中の羽毛や生地が傷みやすくなり、気持ちよく使える期間が少なくなります。

その汚れは干すだけでは取り除けません。長く気持ちよく使うために3~5年に一度の「丸洗い」をおすすめします。

長年使っている羽毛ふとんで、側生地が傷み羽毛が吹き出たり、片寄りがあっても捨てないでください!中身の羽毛はくりかえし使えるので「羽毛ふとんのリフォーム」をおすすめします。

ダブルサイズをシングルサイズにしたり、丈や巾、厚さまで自由に作り替えできます。

中の羽毛を取出して洗うことでへたった羽毛がよみがえり、新しい側生地に入れれば新品同様に戻ります。

よく「買い替えた方が安いのでは?」と言われる方もみえますが、羽毛ふとんの価格の大半を占める羽毛を再利用するわけですから、購入金額の1/2~1/3ほどで出来るのです。

但し羽毛ふとんにもピンからキリまであるように、羽毛ふとんのリフォームにも洗浄の仕方や側生地によって価格も変わります。

金額につられて業者に出したら「あの素晴らしい掛け心地がどこかへ行ってしまった。」と言う事も少なくありません。

暖かさは中の羽毛と仕立て方、気持ち良さは側生地で決まります。信頼できる寝具専門店に気軽に相談してみて下さい!