こんにちは。

快眠館 副店長 睡眠コーディネーター 田中言羽です。

先日のママとの睡眠講座がとても楽しくて、まだそのワクワクが残っている私です。

その時の話で皆さんが一番反応してくれた話題が、冬の子どもの寝相の話。

「冬、布団から子どもが出てしまう人いませんか?」

IMG_1006

との問いかけにほとんどの人が手を上げていました。

どうして子どもは寒いのに布団から出てしまうのか?

それは寝相が悪いからではなくて、暑いから!

着せ過ぎ、掛け過ぎ、ムレ過ぎ。

子どもは大人よりも体温が高いため大人と同じように寝ると暑いのです。

掛け布団は大人よりも薄目、パジャマは汗を吸収する綿素材の薄目で大丈夫。

ついつい寒くて風邪をひきそうと思いたくさん着せたくなりますが、汗をかき反対に風邪をひきやすくしています。

布団から出てしまう子は掛け布団とパジャマを見直してみて下さい。

みんながぐっすり眠れますように!