こんにちは。

快眠館 副店長 睡眠コーディネーターの田中言羽です。

スッキリ晴れる日が少ない今年の夏。

ジトジト、ジメジメの日が多すぎーー!

天然パーマの私の髪の毛は湿気が多いとクルクル、ウネウネになるのでセットが大変というかセットできないので諦めています。

流れに逆らわない、うん、これもアリです。

まだまだ暑い夜続きます。

夏バテしないためにもぐっすり眠らなきゃ。

前にもブログに書いたのですが、エアコンを使わなくて夜眠れないお客様が続いたので、もう一度書きますね。

寝るとき暑くて眠れない人はエアコンは使って下さいね。

エアコンを付けるとカラダが怠いと言われ人もいますが、直接エアコンの風がカラダに当たらないようにしたり、付ける時間を工夫するとぐっすり眠れてスッキリ起きられますよ。

「エアコンの使い方」

①寝る30分前に部屋を冷やします。

扇風機使って部屋全体に風を送ります。

建物が暑くなっているので建物を冷やすイメージでキンキンに冷やします。

寝具の中にこもった空気も冷えるので寝る時に気持ちいいですよ。

我が家は家が暑いので今は18度に設定し、寝室に行くとちょうど26度になっいます。

②寝る時に室温を26度~28度の設定します。

我が家は家が暑いので26度設定です。

③起きる1時間前にエアコンが切れるようにタイマーセットします。

我が家は家が暑すぎて1時間前だと寝苦しく早く起きてしまうので、40分前にセットしています。

④直接エアコンの風がカラダに当たらないように扇風機を使って風を拡散させます。

私はエアコンの風が足に当たらないように夏は反対向きで寝ます。

「頭寒足熱」なーんてね。

みなさんも自分に合った寝室温度を見つけてみて下さいね。

熱帯夜でもぐっすり快眠できますように!