最近オーダーメイド枕を作りにみえる方で無呼吸症の人が続きます。

みなさん睡眠外来の先生に横向きで寝るように言われたそうですが、なかなか横向きで寝られないので困ってみえます。

なんで横向きで寝られないのか?

それは今までの寝方が関係してきます。

横向きで寝られない人はいます。

原因はいろいろあるのですが、横向きの時の肩幅が枕で支えられていないことが先ず考えられます。

横向きで寝られない人の多くが今まで横向きで寝ると肩が潰されて痛かったり、違和感を感じたことがあった人。

人は寝ている間に嫌なことがあるとその姿勢で寝ることは少なくなります。

カラダが痛くならないように無意識に回避するのです。

そのため横向きで寝れない人に急に横向きで寝るようにと言われてもできないのです。

ではどうしたら横向きで寝られるようになるのか?

それは、横向きの時の肩幅がしっかり枕で支えられ、肩が痛くならないように寝具環境を整えることが大切です。

いびきをかくけど横向きで寝られない人は、枕を見直すと寝られるようになるかもしれませんね。